序章 熱海「御朱印」物語とは 

日帰りで気軽に御朱印を収集

伊豆半島の各地には、パワースポットと呼ばれている神社や仏閣がいくつもあります。そもそも、伊豆半島は火山帯なので温泉も湧き出ていますし、地球のエネルギーが湧き出ています。

神社仏閣に参拝した証に頂くのが「御朱印」で、お遍路の様に、お経を納める事で頂くのが「納経印」と言います。御朱印という姿形は一緒でも意味は違います。まずは気軽に「御朱印」を集めながら、伊豆半島を楽しんでみませんか。

 

熱海から電車とバスの乗継

首都圏から近い熱海を起点とした、公共交通機関で行けるプランを作成しました。

全20話を参拝すると、伊豆全域の観光地や観光名所を楽しみながら、伊豆の八十八ヶ所の霊場の御朱印が集められ、地域のパワースポットも参拝する事が出来ます。

車で移動するのと違い、電車とバスで移動するので歩きながら景色を五感を使って楽しむことが出来ます。

五感を使う事で、参拝する一人一人に物語として思い出に残ります。

熱海発着のプランですので、首都圏から日帰りも可能ですし、熱海で宿泊はもちろん、下田や修善寺で宿泊をすれば、ゆったりと観光地を訪れる事が出来ます。

月に一度訪れても約2年は楽しめる、伊豆半島の「御朱印」物語を、ぜひ、お楽しみください。

便利な乗り継ぎ案内はNAVITIME

 

各ページの説明

出発時間 電車の駅やバス停名
  1. 調整が効かない電車やバスの時刻で区切ってコースを案内
  2. ブルーの丸が電車移動でオレンジの丸がバス移動
  3. 徒歩移動の目安は4.0kmで60分で計算し上りや下りで調整
  4. 「徒歩移動」にリンクがある場合はGoogleMapが開く
  5. 「〇〇寺」にリンクがある場合は当サイトの寺院解説ページが開く
  6. 住職が不在の寺院は15分の滞在として、居る寺院は20分の滞在
  7. 留守の寺院もありますが、公式納経帳の場合の御朱印は後から貰えます。※詳しくは「納経帳と納経料」を参考にしてください。
  8. 食事は1時間を目安としていますが時間の都合で前後する場合がある
  9. 道中に食事をする場所が無い場合には弁当を持参

※東海バスのフリーパスを使うと、記載されている交通費よりお得になる場合があります。

 

全20話

番号特徴徒歩距離交通費
第1話はじめての熱海「御朱印」物語6.6km4,280円
第2話峠を越えて富士山を望む絶景14.7km3,080円
第3話世界遺産の反射炉と国宝仏像17.6km1,630円
第4話北条家所縁の地といちご狩り10.9km1,550円
第5話水の都三島と日本最長の大吊橋6.2km1,780円
第6話花火とスイーツを楽しむ熱海温泉7.0km2,960円
第7話伊豆高原の散策と電車の旅10.7km3,120円
第8話海が香る稲取漁港と河津桜6.6km4,180円
第9話幕末の黒船来航と開国の街下田13.2km4,440円
第10話ペリーロードと紫陽花祭り10.3km6,070円
第11話日本三大薬師と田舎道9.9km4,980円
第12話神秘のインスタスポット龍宮窟12.4km4,920円
第13話石廊崎灯台と奇妙な石室神社6.0km6,120円
第14話時間がゆっくり流れる山の麓12.5km6,150円
第15話奥伊豆の桜と良質な下賀茂温泉6.3km5,970円
第16話静かな漁港と美しい棚田9.3km6,930円
第17話田園風景と歴史ある岩科学校6.5km6,590円
第18話なまこ壁が残る文化の町9.6km5,960円
第19話苔が映える秘境の石像群8.2km9,830円※
第20話感動のフィナーレを飾る修禅寺3.1km5,180円
合計186.8km95,720円

※第19話はタクシー代3,500円(予算)が含まれるので複数名であれば割安となります。