筆道写経の会

 

現在、諸事情により中断しております。またの機会によろしくお願いします。

 

《真心を贈る般若心経》

 

そもそも写経に願文を書きますが、「子孫繁栄」や「家福増長」、「学業成就」や「身体健全」などを併記します。自身の為に写経を行う事も良いのですが、大切な人へ贈る習慣もあります。

例えば、親族や友人の結婚や出産などの祝い事や、受験や病気などで供に乗り越えたい時など、大切な人へ、その思いを伝える事が出来ます。表装をして、飾る事が出来る様にして送る事で、記念日などにリビングなどの人の集まるような所に飾ると良いでしょう。

掛け軸は、掛けっぱなしでは、あまり良い状態とは言えません。例えば記念日の前後1か月位を目途に交換すると良いです。お雛様や鯉のぼりと同じですね。

床の間に飾る高価な掛け軸も良いですが、身近に利用されてはいかがでしょうか。上手い下手では無く、その真心が大事です。

結婚や出産祝い:家福増長・子孫繁栄

受験や試験など:学業成就・心願成就

起業や転職など:社運隆昌・商売繁盛

お見舞いなど:身体健全・当病平癒

自身に向けて:六根清浄・滅除業障

 

 

《写経の方法》

 

写経とは、お手本を下敷きにして「なぞる事」で写経となります。決して難しい事ではありません。初めての方でも1.5時間~2時間程度で書く事が出来、慣れてくると、1時間程度で書く事が出来ます。

 

 

《表装とは》

 

写経したものを飾る時に、額に入れる場合と掛け軸にする場合があります。額に入れる場合、裏打ちと言い補強をして額に入れますが、今回は簡単に出し入れが出来る、掛け軸をお勧めしています。

表装費用:¥16,000-(税抜)

※提携宿にご宿泊の場合は¥14,000-(税抜)でご提供しています。

 

 

《さらに深く学ぶ》

 

山口師範からご教授された内容で、とても興味深い記事がありました。

「白隠禅師の晩年の「親」の「孝行」の行の字の、長い縦画の中頃の一部の電子顕微鏡写真である。この線は肉眼で観ても、澄んで柔らかく、活きた立体的な線でもあるが、およそ5万倍に拡大した電子顕微鏡(図版9)も、墨汁の粒子の1粒1粒が充実し、それが立体的に配列し、働きのある構造に見える。・・・もう一枚の偽物(図版10)と比較をすると一層わかりよいと思う。こちらは墨汁の粒子自体もぼんやりとして充実感に乏しく、その結びつきも何となく弱いように見えるからである。・・・人体エネルギーが筆を透過し、墨汁の粒子が活性化されたものに相違ない。」と続きます。

人間の「気」が分子レベルで物質に活力を与える良い例だと思います。このような世界観にはなかなか到達できないかもしれませんが「書道」の深さを感じる事が出来ます。

 

 

《写経とお遍路》

 

地元の方はもちろん、遠方の方でも一度は体験して頂ければ、後は通信会員もございます。他県の方も、伊豆に立ち寄って頂き、本格的な写経教室を体験してはいかがでしょうか。書道教室の先生という立場の方も、師範の指導を受ける事が出来る貴重な機会です。
 
江戸時代からの習わしで、写経をしたものを寺院に納める習慣があり、それが、まさしく、お遍路として受け継がれてきました。お遍路で使う納経帳は御朱印帳とは言いません。納経帳とは、お経を納めた証の帳面という事になり、今では簡略化されて、読経する事で、納経したという事になっていますが、しかし、本来は写経したものを寺院に納める事で、納経帳に証を頂き、それを八十八ヶ所に納める事で、納経帳は完成します。そして、自身の命が尽きた時、自身の棺に納経帳を入れる事で極楽浄土に行く事が出来るという言い伝えがあります。
 

 

《日程》

 

現在、諸事情により中断しております。またの機会によろしくお願いします。

 

 
ご予約はフェイスブックかお電話、メールにてお願いします。
 
「伊豆88遍路」フェイスブック
 
お電話:0558-99-9882
 
メール:info@izu88.net
 


 

《師範》


師範:山口健次(日聲)
筆道学人
筆道会主宰
 
略歴:
昭和22年福岡県に生まれる。18歳から書道の本源を求め、企業教育、青少年教育の傍ら、武道、禅、禊、滝行、修験道、真言密教に参じる。昭和45年、筆禅道二世・寺山旦中師家との親交を得て、以降、独自の筆道を研鑽。
 
 
 

《後援》


後援:遠藤貴光
伊豆霊場振興会 第四代会長
株式会社サイトプラス 代表取締役
 
略歴:
昭和45年静岡県三島市に生まれる。幼少の頃から教育現場に馴染めず、社会に出ても孤独を感じる事が多く、悩み続けました。2014年の44歳の時に四国を歩いて結願し、その後、伊豆霊場振興会の第四代会長となります。
 
 


 

《写経の部 初級》

 
月1回の予定で実施されます。修善寺にある「生きいきプラザ」にて、初級コースを開催しています。どなたでも参加可能で、少しやってみたいと思っている方で、お試し感覚で参加できます。
 
1回1,500円で、師範の指導はありませんが、自由に来て自由に帰る事が出来ます。道具をお持ちでない方は、事前にご予約を頂ければ、筆・墨・硯・下敷を500円でお貸しする事も出来ます。写経の入門セットは4,600円で販売しています。
 
運営は「伊豆88遍路」でおなじみの伊豆霊場振興会です。当日はスタッフがいますので、お気軽にお声かけ下さい。
 
修善寺生きいきプラザ
 

 

 

《写経の部 上級》

 
月々2回の予定で実施されます。修禅寺の奥之院会場でお昼を挟んで3時間の写経教室となります。
 
師範の指導を受けながら般若心経の教義を学びます。1回3,000円の本格的な写経教室です。
 

  1. 全身の柔軟(養氣体操)
  2. 本堂で読経
  3. 般若心経の教義(30分程度)
  4. (昼飯)
  5. 着座(終始感謝の腹式呼吸で運筆のウォームアップ)
  6. 願文(写経の末尾に「為○○○○」と書く願いを予め定める)
  7. 写経(般若心経)

 
第一会場:静岡県伊豆市修善寺964 修禅寺(奥之院にて)
 
修禅寺奥之院
 

 

 

 

 


 

《お申込みと会費》

 
【初級コース】
 
月々1回の予定で実施されます。修善寺の生きいきプラザ会場で2時間を1回の写経教室となります。
 
師範の指導はありませんが自由に来て自由に帰って頂きます。体験としてご利用ください。
 
1,500円/回

※ご予約を頂ければ、筆・墨・硯・下敷を500円でお貸しする事も出来ます。

書道セット4,600円
 
 
【上級コース】
 
月々2回の予定で実施されます。修禅寺会場で3時間を2回の合計6時間の写経教室となります。
 
師範による指導を受ける事が出来ます。
 
3,000円/回
 
 
【通信会員】
 
上級コースを一度は体験をしていただき、その後、ご自宅で写経をしたものを、上級コースの開催日に合わせて郵送して頂きます。その際、返信用封筒も同封して頂き、開催日に師範が送られてきた「般若心経」に対し助言等と、開催日に使った、般若心経の教義の用紙も一緒に返信用封筒にて返信する遠方の会員です。通信会員であっても、時折、寺院に出向き参加をしたい場合、単体参加の追加料金にて参加できます。
 
一人では挫折してしまいがちですが、見守られているだけで、八十八枚の写経が完成する事を願っています。
 
1,500円/回
 
 
お申し込みはフェイスブックかお電話、メールにてお願いします。
 
「伊豆88遍路」フェイスブック
 
お電話:0558-99-9882
 
メール:info@izu88.net
 


 

《書道セット》

 

写経用筆 1,000円
1,200円
文鎮 400円
500円
下敷 1,000円
水差 100円
ケース 400円
合計 4,600円

 

 
《消耗品》
 
写経用紙(20枚)850円