伊豆八十八ヶ所霊場

 

(81番札所 宝蔵院)
 
伊豆八十八ヶ所霊場の起源は、定かではありませんが、確認できる石碑で、49番札所から50番札所に行く道中、山の頂上付近で、江戸時代の「天保六年(1835)四国遍路祈願」と刻まれた石碑を確認しています。少なくとも、その石碑の前の山道が遍路道だった事を伺わせます。更に13番札所の北條寺には1815(文化12)年の遍路絵馬額があり、どこの遍路か不明なものの、もしこれが伊豆八十八ヶ所ならば200年近く昔から伊豆八十八ヶ所遍路が行われていた事になります。21番札所の龍澤寺の参道にある天保十五年(1844)の石碑には、伊豆八十八ヶ所参拝と彫られています。その他にも、明治時代の納経帳や木版など、明治時代には、伊豆で多くのお遍路さんが参拝していた事でしょう。
 
各寺院にはそれぞれの由来や伝説もありますが、古事記等を焼失した寺院も多くあり確実な事は不明です。しかしながら境内に一歩入ると、千年近い樹齢の古木や苔むした石仏像等が、確かな歴史を物語っています。
 
江戸時代からある由緒正しい霊場が甦ろうとしています。みなさまのお越しをお待ちしております。
 


 

21番札所 龍澤寺の石碑


 

明治時代の木版


 

28番札所 大江院から見つかった明治時代の納経帳