納経帳と納経印

 

《ご自身の御朱印帳》

 

昨今の「御朱印ブーム」で「御朱印帳」をお持ちの方もいます。しかし、四国などでも、一般に八十八ヶ所霊場は専用の納経帳が必要となります。市販されている「御朱印帳」では、枚数も少ないので八十八ヶ所の全ての札所を結願する事が出来ません。

皆様がお持ちの「御朱印帳」の他に、伊豆霊場専用の納経帳をお買い求めて参拝する事をお勧めしています。皆様がお持ちの「御朱印帳」は、伊豆にも多くの観光寺院や神社があります。ご自身の御朱印帳と公式納経帳をご持参のうえ、八十八ヶ所の寺院以外もお立ち寄り頂いて、新しい伊豆をお楽しみください。

 

《公式納経帳》

 
朱印帳と納経帳の違いは、御朱印とは記念印となりますが、納経帳はお経を納めて頂ける印となります。昔は般若心経を写経した用紙を寺院に納めて八十八ヶ所を参拝した事で、八十八ヶ所霊場の多くは納経帳と呼んでいます。
 
伊豆の八十八ヶ所霊場でも、「公式納経帳」をご用意いたしました。
 
今回、納経帳の原紙をご住職様や寺院関係者の方々に書いて頂き、複写ではありますが、公式の専用納経帳を作りました。手書きが欲しいというご意見もお聞きしますが、本来、参拝した事に意味があると感じています。複写とはいえ、ご住職様に書いて頂いた貴重な納経帳なので、是非、参拝を楽しんで頂きたいです。
 
尚、参拝中の納経料は300円となります。残念な事に、手書きだと300円で良いのですが、三寶印を押すだけなのに、ちょっと高いのではという意見も見受けられます。しかし、納経料は作業賃ではなく、寺院を維持する為に奉納する賽銭となります。多くの方に参拝して頂く事で、無住であった寺院にもご住職が見えるかもしれません。最近では、参拝者が増えているため、札所の中には手書きで対応して頂ける寺院も増えて参りました。手書き用の白紙50枚もセットで販売していますので、どうぞ、皆様方のご支援をよろしくお願いします。
 
納経帳は御朱印帳と違い、般若心経を納経する事で、自身の命が燃え尽きた時、棺に入れる事で極楽浄土に行けるとされています。
 

 

 
お遍路の通販