「御朱印ウォーク」in 下田

 

《御朱印ウォーク》

 
御朱印ウォークとは、通年で開催しておりますが、各地の「伊豆88霊場」の寺院と観光名所や景勝地を巡り、伊豆の各市町村の魅力を散策するイベントとなります。公式納経帳を「キーアイテム」として、徐々に納経印が揃っていくのも楽しみです。地域の季節のイベントと一緒に楽しむ事も出来ます。皆様方のご参加お待ちしております。
 


 

下田では「あじさい祭り」と「水仙まつり」があり、毎年多くの観光客をお招きしております。その下田のお祭りにお楽しみいただけるよう、コースも2通りご用意いたしました。
 
観光名所と一緒に、伊豆88遍路の札所も、是非、お楽しみください。名所での御朱印は、市販されている御朱印帳で問題ありませんが、札所での納経印は専用納経帳が必要となります。
 

《あじさい祭り》

 
期間:毎年6/1-6/30 ※動員予定数12万人
 
「まるで万華鏡!見事に咲き誇る300万輪の紫陽花」
 
下田市街と下田港を一望できる下田公園。その広大な敷地を埋め尽くす約15万株300万輪のあじさいは、訪れた人を圧倒します!
 
あじさいの種類は多く、園内でも「クロジク西洋アジサイ」「ウズアジサイ」「アナベル」など名前の付いたあじさいを100種以上見ることができます。園内を巡る遊歩道に延々と続く大輪の花は、梅雨の頃艶やかに輝き、ひとときの静寂をもたらしてくれることでしょう。
 
同じ6月中「下田きんめ祭り」を同時開催します。あじさい群生に気持ちが満たされたらおいしい金目鯛を召し上がれ!
 

《水仙まつり》

 
期間:毎年12/20-2/10 ※動員予定数23万人
 
300万本のざわめき 香りの絶景みさき水仙
 
須崎半島の景勝地「爪木崎」には野水仙の群落地があり、ピーク時には300万本もの水仙が甘い香りを漂わせ、ひと足早い春の訪れを感じることができます。
 
例年の最盛期は1月上旬から2月上旬末頃。その期間に合わせて水仙まつりが開催されます。期間中は楽しいイベントも計画され、多くの来園者でにぎわいます。
 
同じ園内でも満開の場所あり、遅咲きで3分咲きの場所ありといった具合で足並みそろった開花ではない分、長期間楽しんでいただけるのも魅力です。
 
詳しくは下田市観光協会へ、お問い合わせください。
 
下田市観光協会:0558-22-1531